ココルネット

2020年4月22日までの台湾で気になるニュース

2020年4月22日までに起きた台湾に関する記録を残しておきたいために個人的に気になるニュースをお届けしています。

2020年4月21日 台湾製マスク200万枚日本に到着

新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援するため、台湾から日本への寄贈が発表されていたマスク200万枚が21日午前に成田空港に到着したそうです。

台湾は感染状況が深刻な国などにマスクを提供されているみたいです。また貨物には「Taiwan can help」「台湾日本友好」と大きく文字が入った赤い横断幕が掛けられていました。

台湾はマスクの増産に力を注いでおり1日当たりの生産量は今月末にも1700万枚を突破する見通しで他の海外にも提供していく予定です。

全市民にマスクがいきわたるような対策をしたから他の国にも支援ができるんだろうな。

2020年4月20日 色は性別を判断する道具ではない

マスクの需要が高まっているなかで台湾でも少し悩みが起きていたそうです。それはマスクの色。日本では白色のマスクが一般的でしたが最近ではグレーなどのマスクも登場してきました。

アジアではマスクはごく普通のアイテムで色も様々あります。そんな中でピンクのマスクも存在します。皆さんはピンクと言うと女性をイメージする方も多いのではないでしょうか。自分も正直思っていました。

台湾ではそんなピンク色のマスクのイメージを変えるための運動も活発になっています。

台湾の政府対策本部のほかのメンバーと一緒にピンク色のマスクをつけていたり、多くの企業がロゴをピンク色に変えたり、もちろん男性がピンク色のファッションで統一してみたりと伝え方は様々ありました。

#ColorHasNoGender と言うハッシュタグでツイッターなどで広がりを見せるようになりました。

人をからかうのは自分の感性?感情?が乏しくなってしまいそうでなんだか虚しくなります。

当サイトでは揶揄するようなニュースや差別につながるような記事は紹介しません。キレイごとが多くなってしまうかもしれませんが、個人的に穏やかな気持ちになれるニュースばかりをお届けしたいと思っています。

Exit mobile version