ココルネット

2020年4月17日までの台湾で気になるニュース

2020年4月17日までに起きた記録を残しておきたいために個人的に気になるニュースをお届けしています。

2020年4月16日 マスクの支援

台湾当局は日本の新型コロナウイルス対策を支援するため、日本にマスク200万枚を贈ると発表しました。

台湾は2020年1月からマスクの輸出を禁止していましたが4月16日、日本台湾交流協会台北事務所に目録を手渡し近日中に日本に発送され、日本国内の医療従事者に提供されるとのことです。

日本以外にもアメリカやヨーロッパ、東南アジアなどの国々にもマスクを提供するということです。

マスクの購入の制限などを設け、平等に支援できる施策が迅速だったため他の国にも支援することができた。

2020年4月16日 新型コロナウイルス封じ込めに成功

2020年3月9日以来36日ぶりに新規感染者数がゼロを達成したそうです。

2020年4月15日は2人増え、感染者数は累計395人、死者は6人にとどまっていました。感染者の大半は海外由来だそうです。

外出自粛は設けておらず感染者や濃厚接触者、海外から戻った人に14日間の隔離を義務付けをしました。制限をかけるだけでなく隔離された人に1日当たり、1,000台湾ドル(約3,600円)の補償金を支給していたそうです。また違反者には最高100万台湾ドル(約360万円)の罰金を科しています。実際に感染が確認された方に罰金支払いを命じたそうです。

ただし2020年4月9日から接客を伴うキャバレーやスナックの営業を禁止し継続的に感染拡大の防止を図っています。

なにもかもが迅速な感じがする。低額でも生活の保証をし、違反者には罰則を与えるのが素敵と感じました。

台湾はマスク以外にも様々な支援などを行っているみたいです。なんか日本助けてられっぱなしな感じがする……

Exit mobile version